「花・蜂・人」ハニー・コミュニケーション

日本ハニコ株式会社は<花・蜂・人>HONEYコミュニケーションをスローガンに
ミツバチの生命力、自然からの恵み天然成分を使い様々な形で皆様方に提供しています。

ミツバチは、自然界において大変重要な役割を持ち生存しています。
花や動物、そして人間もミツバチの恩恵を受け生存しています。
花にとってミツバチは花の受粉交配を手助けし、ミツバチは花粉と蜜を頂けることで共存共栄関係が成り立っています。
人間は果物の生産を行う為、ハチミツを採取する為に、ミツバチの習性、ミツバチ力を利用し果物生産農家や蜂蜜販売者などの生活が成り立っています。
動物達もミツバチが集めてきたハチミツやローヤルゼリーを食べることで厳しい大自然で生存し続けることが出来るのです。

ミツバチの生命力から生まれた天然成分は4つ存在します。
1・ハチミツ  2・ローヤルゼリー  3・プロポリス  4・花粉荷(ポーレンロード)

ミツバチが作り出す天然成分は4つしか存在しません。
この4つの天然成分は、花や蜂・人間や動物にとってとても大事な役割を持つ成分です。

日本ハニコ株式会社は、その4つの成分を独自の抽出法,及びブレンド法により、4つの天然成分を合わせた、PPRHエキスを開発しました。
ミツバチの生命体から生まれた天然成分だからこそ4つの成分を合わせる事に重要な意味があるのです。

日本ハニコ株式会社は<食・動・美>の観点から世界中の人々や動物(ペット)にも役に立つ成分だと考えており、
多種多様な形(分野)でのPPRHエキスを使った商品の開発に力を注いでおります。
代表取締役 豊田学志
  • ポーランロード花粉荷
  • プロポリス
  • ローヤルゼリー
  • はちみつ

プロポリス

プロポリスとはミツバチが樹木の新芽などと蜜ロウで作り上げた物質のことを言います。
ミツバチ達は巣の入り口付近や隙間などにプロポリスを付着させ、外敵(細菌・病原菌)からの侵入を防ぐことで巣内部を衛生的に保つことができるのです。

歴史的に人類にとってプロポリスは古くから関わりがあり、古代エジプトでは王家のミイラ作り、保存にも防腐剤として使われていたこともわっかています。 
近年、プロポリスに関するさまざまな研究が世界各国で行われています。

プロポリスに含まれている主な成分(フラボノイド、アルテピリンC、免疫活性物質、有機物質、ミネラル物質、その他)は 健康に必要な成分が多く含まれていることも証明されています。

世界ではブラジル産ミナス地方のユーカリ系、ローズマリー系のバッカリス種のプロポリスが最も良質とされ天然の抗生物質とも呼ばれています。

現代社会においてプロポリスは、世界各国で研究が進んでおり医学分野や健康分野などでこれから幅広く必要とされていく成分である事は間違いありません。

ポーランロード花粉荷

花粉は、植物が次の世代を生みだす、重要なオシベの生殖細胞です。
ミツバチは、花の受粉交配のお手伝いをする際、花はお礼にミツバチに蜜をだします。ミツバチは、その蜜と花粉でダンゴ状にし足に付けて巣に持ち帰ります。「花粉の荷物」を運んでいることから、花粉荷とも呼ばれています。この花粉荷を食餌としている事で、花から沢山の蜜を集める事が出来ます。

ミツバチにとって花粉荷はハチミツ以上に重要視されており、ミツバチは花粉荷を食べていることで、女王蜂の主食、ローヤルゼリーを体内から分泌し与え続けることができるのです。そして幼虫を育てる為にも大変重要な物質なのです。

主成分には健康保持に欠かせないタンパク質とアミノ酸が豊富に含まれています。
炭水化物 ミネラル パントテン酸
ビタミンA カリウム タンパク質
ビタミンB1 アミノ酸
ビタミンB2 マグネシウム ピリドキシン
ビタミンB6 カルシウム ピオチン
ビタミンC 葉酸
ビタミンD 酵素
ビタミンE
     
花粉荷は野菜や果物よりも豊富なビタミン郡が含まれおり天然の総合ビタミン成分です。

ミツバチにとってこの花粉荷は4つの成分「PPRH」を作り上げる上で大変重要な役割をもつエネルギー源になっています。   

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーとは、ミツバチ(働き蜂)の体内咽頭線から分泌される乳白色のクリーム状の物質です。このローヤルゼリーは、女王蜂と幼虫の主食になり女王蜂は、ミツバチ(働き蜂)に比べ数十倍長く生きることができ最盛期には数千個の卵を産むことができるのです。
幼虫はローヤルゼリーを食べることで、短い期間で働き蜂に成長していきます。
ローヤルゼリーは女王蜂や働き蜂にとって、驚くべき生命力の源と言えます。

ローヤルゼリーの主成分

タンパク質 ミネラル パントテン酸 アミノ酸
ビタミンB1 必須アミノ酸 ビタミンB2 グルタミン酸
ビタミンB6 R物質
   
ローヤルゼリーにはまだまだ多くの生命物質が含まれていると云われています。
ローヤルゼリーは体に必要な栄養素がバランスよく、豊富に含まれている天然成分です。

世界各地では昔からローヤルゼリーを重要視してきた国もたくさんあります。
歴史的には養蜂大国ヨーロッパが、ローヤルゼリーとの関わりが非常に強く、驚異的な栄養成分であることが、人々の関心を集め、それから世界各国に広がっていきました。

世界ではこの驚異的な生命物質ローヤルゼリーを早くから健康分野や美容分野で幅広く取り入れられ健康食品の王様として定着しています。

ハチミツ

ミツバチは花から蜜を体内に入れミツバチ達が作り上げた六角形の巣の中に持ち帰ります。
花から集めてきた花蜜(ショ糖)は、ミツバチの体内に入る事により酵素が働き、ブドウ糖と果糖に変化します。そしてミツバチの力によって、水分が蒸発され黄金色の蜂蜜(ハチミツ)になります。花の種類によって色や香りが違い、半永久に腐ることがありません。
ハチミツは甘味料ではなく、ミツバチにとっても動物にとっても欠かせない天然栄養成分なのです。
自然界の中で昆虫が作り出す唯一の天然成分です。

世界ではハチミツとの結び付きが非常に強く、歴史的に見ても自然界において大変重要な栄養素だったと言われています。

某テレビ番組で、空腹のクマに5品のエサを与え、1番最初に何を食べたか?

  1、豚肉 2、牛肉 3、鶏肉 4、ハチミツ 5穀物類

という実験をしたところ、真っ先にハチミツを食べ始めました。
ハチミツだけをひたすら食べつくした後も容器も舐めつくし、次に穀物類を食べ始めました。 その行動からも動物(クマ)にとってハチミツは自然界を生き抜いて行く上で一番大事な栄養成分なのです。

歴史的にハチミツは、人類や動物との関わりが非常に強く、世界中で最も必要とされてきた栄養成分の一つに挙げられます。